真夜中の12時、ロスアンゼルスから
僕はI-10をひたすら東へと向かった。

パームスプリングス、コーチェラバレー、
フェニックス、ツーソン。さらに南へ進む。
深い闇に包まれた砂漠の一本道。

永遠に続くと思われた暗闇で考えていたこと。
優秀な家族の中で、いつも比べられる自分がいた。
サッカー、音楽活動、ビジネス、全てに中途半端な自分。
自分らしさって何だろう。
いつも自分を表現できないままでいた。
この道はどこに向かっていくのか。
僕の人生はどこに向かっているのか。
しばらくすると地平線が明るくなり、大きな太陽が昇る。
気づくと辺り一面に木々が現れた。
ナッツの木だ。

「おかえり。また会えたね。」

そう言われた気がした。
長い暗闇の砂漠を抜けたあとのパラダイス。
眩しい朝日。神様がメッセージをくれた瞬間。
「本当にやりたい事が見つかったら自分の魂がそう教えてくれる。
探し続けるんだ。それまで落ち着いちゃいけない。」
誰かが言っていた言葉が脳裏によみがえる。

「これだ。これなんだ。」

どこまでも広がるピーカンナッツの森。
雄大なナッツ農園の真んなかで決めた。

「ナッツに人生を捧げてみたい。」
この辺りでは昔、綿花を作っていたが20年前から付加価値の高いナッツを作っている。
興味深いのが向こう5年分のナッツを液体窒素で保存して、
供給をコントロールして価格を生産者自らで決めていることだ。
農家と働く人が経済的に潤う”ハッピートレード”の形を20年以上続けている。
その晩、農園主と語り合った。
古代から人類に愛されてきたナッツは世界中のどんな食文化にも使われている、
ナッツは地球の贈り物、
売り手と買い手の両方がハッピーじゃないとダメだ…
いろんな話をした。

アメリカの叔父に連れられ偶然に立ち寄ったナッツ農園。
小さい頃、彼が送ってくれるナッツが大好きだった。
近江八幡の洋館で食べていた。でもしばらく忘れていたことだった。
飛行機の窓から見える砂漠をみながら、
「僕の人生は変わったんだ」と呟いた。

自分が生まれた街・Los Angels。

育った町・近江八幡。

この2つを掛け算して
誰も行ったことのない、
ところまで行ってみたい。

忘れていたナッツの存在。
でもずっと一緒だった気がする。

Going Nuts!オーナー
道城牧人ピーター